ドラゴンフルーツからのモデルのお仕事情報を中心にした、WEBアレンジャー板垣φ助のブログです。
by faysuke
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ:φフェバリット( 6 )
2008年 03月 13日
タタンタ・タタタタ
よく食事に出掛けるのは
少し奥まった場所でイケテる店。
新しくても傾いてても、サイバーチックでもクラシカルでも、
やり過ぎずにセンスのいい空間。それに味。



最初に必ず予算と好みを解りやすく
楽しくやり取りしてくれるイタリアンのお店。
入って手前がアラカルトのトラットリア、奥がコースのリストランテ。
f0119582_11213385.jpg

ファニエンテ
adress:神奈川県川崎市宮前区鷺沼3-2-7
phone:044-857-9822

location ♪♪
space  ♪♪
taste   ♪♪♪

「ウチはタタタですから・・・・」
なんて客をあしらう店が現れませんように。
[PR]
by faysuke | 2008-03-13 11:11 | φフェバリット
2007年 04月 15日
インド其の2
タブラとシタールのライブが絡んだイベントのご案内
f0119582_11335634.jpg

前出のMasa氏はタブラで出演、僕も行く予定です。
[PR]
by faysuke | 2007-04-15 11:36 | φフェバリット
2007年 03月 14日
3月はホーリー祭
インドは年に一度の乱痴気騒ぎ。特にデリーなどの都市部はすごいらしい。
そんな地元の喧噪を避けてか、サントゥールの最高峰マエストロ
シウ゛・クマール・シャルマ Shiv Kumar Sharma が来日する・・・ってか、
ものすごい人らしい!・・・かの地インドでわ。
ちょうど映像につける音のサンプリングにインド音楽をイメージしていた。
f0119582_16462243.jpg

これまたバンスリの人間国宝、ハリプラサド・チャウラシア Hariprasad Chaurasia
とのジュガルバンディ(合奏)2枚組。
ん〜〜〜名盤ですね、僕はDISC2 Raga Bhoopali がブックマーク。
教えてくれたMasa氏は面白いヤツで、日本で金を貯めてはインドに渡ってしまう人。

http://santoor100.com

浜離宮でナマスカール。来日情報、詳しくはこちらで。

ちなみにカリーつながりで、以前紹介したネパール料理店
Mt.フィッシュテールの写真。カリーが増量になってました!
f0119582_16494469.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by faysuke | 2007-03-14 16:50 | φフェバリット
2007年 03月 07日
中古車について
知人が某中古車情報誌の編集をやっている。・・・・車好きの転職で天職ゲット。
そろそろ買い替えを考えていたので良い中古車屋はどこかと尋ねると、そんな店はないという。
手間は客にかけさせるのが当たり前というのがこの業界の基本、足回りらしい。
本人もこの仕事で取材を始めてから、新車にしか乗らなくなったのだそうだ。

どーりで、前車は買値の倍もメンテナンスがかかったわけか。
さて、買い替えたこの新しい中古車もハズレなのか?
今のところ乗り心地はいい。レトロ加減もブックマークだ。


f0119582_1440148.jpg

・・・4穴ホイールに5穴キャップが装着済みとサービスもいいし。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by faysuke | 2007-03-07 14:40 | φフェバリット
2007年 02月 21日
本年度最大の旨辛
信州大学農学部というとからし大根の研究にも熱心で
県外の蕎麦の産地から栽培指導を依頼されたりもしている。
今ではなかなか出回らなくなったいわゆる古種も学内にはあるようだが
これは持ち合わせていないからぜひ絶やさないでくれと言われた人がいる。

やっと手に入れた古種を育ててはそこからまた種を採り
16年間栽培し続けているのだそうだ。時が経つにつれだんだんに変形してきたので
先生これはどうなんでしょう、良ければ学校の古種をわけてくださいと相談に行ったところとても貴重がられたそう。温泉宿の女将だ。

量がないので採れる時期だけ客にも料理として振る舞ってはいるが、
残念ながら訪れれば必ず持たせて帰してくれるわけではない。
当てにされても困るのでヒントだけ。下諏訪の、わずか5部屋の静かな宿。
・・・客筋がいい。芸術家や文人、この晩のお隣さんは写真家だった。
山にあってタラバガニを食わせるような無粋なマネは決してしない、
最高にキレる老舗宿。多少心して泊まる要あり。
f0119582_15312644.jpg

帰ってきて早速、シラスとあえて。ああ、山葵系の辛みなんだ、こりゃあ旨い!
実は少々時期が過ぎ、宿では振る舞われなかったのですよ。
なんのなんの、チョーうま、おろした状態の見た目も不思議!

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by faysuke | 2007-02-21 15:30 | φフェバリット
2006年 12月 13日
アーリア系イケメン店員
数年前に王族の殺し合いがあったネパール。料理といえばインドの隣国だけあってやっぱりカリーらしい。とはいえインドのものとは違ったアレンジで、これがなかなかイケてます。
喜多見(世田谷区)のMt.Fishtail、ナンのでかさには参るがいい味出してます。エベレストビール(メニューにないネパールのビール)でちょっとつまんで、最後にナンを1つとカリーを2種類頼むのがいつものお決まり。これまでのところ焼きそば類も美味しい。
ここのおすすめはもう一つ、きっと留学生なのだろうかイケメンの店員揃いって事だ。ネパールは多民族なのだが、いわゆるアーリア系の美形が顔を並べる。しかも日本語も堪能で、接客もこれまた好感度トレーラー級。どこで教わったの?

駐車場のクリスマスイルミネーション、トナカイの首が動くのは笑えるがネパールは仏教国でしょ?
世田谷通り沿い、次回写真を撮っておきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by faysuke | 2006-12-13 19:16 | φフェバリット


カテゴリ
モデルのお仕事関連リンク
検索
以前の記事
Skypeボタン
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧